胎教の効果ってどれくらいあるの?

赤ちゃんとのコミュニケーション

お腹の中の赤ちゃんと交流しよう

コミュニケーションに繋がるので、胎教を実施した方が良いです。 まずは、たくさん話しかけてください。 赤ちゃんはお腹の中で、きちんと聞いています。 親の声を認識するので、生まれてからすぐ親に懐いてくれるでしょう。 赤ちゃんに話しかけることで、精神が落ち着きます。

胎教に良い音楽を知ろう

音楽を聴くと精神がリラックスしますし、赤ちゃんも音感やリズム感を鍛えることができます。 メリットが多いので、胎教におすすめです。 しかしどのような音楽でも、胎教に向いているわけではありません。 激しいロックは控えましょう。 ゆったりとした曲が、胎教に向いています。

赤ちゃんにたくさん話しかける

妊娠期間中は、たくさん赤ちゃんに話しかけてください。
すると赤ちゃんとのコミュニケーションになります。
言葉を覚えることにも繋がるので、胎教をしていた方が良いと言われます。
また、母親がリラックスするために赤ちゃんに話しかけるのもおすすめされています。
妊娠中はホルモンバランスの乱れなどが原因で、精神が不安定になることが多いです。
赤ちゃんに優しく話しかけることで、次第に心が落ち着くでしょう。

音楽を聴くと、赤ちゃんにリズム感や音感を学ばせることができます。
ゆったりした音楽は癒しの効果も生まれるので、リラックスしたい時に聞いてください。
クラッシック音楽や、オルゴールがおすすめです。
また、英会話を聞かせると赤ちゃんが覚えると言われています。
将来英語が堪能な人になれるよう、お腹の中に入る時から聞かせると良いですね。
親子で英語を学んでください。

読み聞かせをすることも、胎教に良いです。
ゆっくり絵本を読んであげてください。
また、父親も胎教に参加しましょう。
母親だけが赤ちゃんに話しかけたり、読み聞かせをするのはおすすめできません。
お腹の中の赤ちゃんに話しかけることで、父親の自覚が芽生えます。
すると赤ちゃんが生まれてから積極的に、育児に参加してくれるでしょう。
育児で辛い時に、父親が頼りになると安心できます。
夫婦で胎教に取り組んで、元気な赤ちゃんを産んでください。
しかし無理に、胎教を意識することはいけません。
できる範囲で実施すれば大丈夫です。

両親が取り組まなければいけない

本を読み聞かせすることも、胎教に良いことです。 夫婦で取り組むことを、意識してください。 父親は、育児にあまり参加しない人が見られます。 しかし胎教に取り組むことで、父親の自覚が芽生えるので積極的になるでしょう。 いろんな絵本を読んであげましょう。