赤ちゃんとのコミュニケーション

お腹の中の赤ちゃんと交流しよう

発育を促す目的

妊娠している時は、常に赤ちゃんに話しかけてください。
親子のコミュニケーションを取りましょう。
どんな内容の話でも良いので、毎日話しかけてください。
しかし、愚痴は言わないように注意しましょう。
愚痴を言っている時、親はマイナスの感情を抱いています。
親の感情は、赤ちゃんにすぐ伝わると忘れないでください。

明るい話題を楽しく話すことで、赤ちゃんも楽しい気分になります。
親の精神状態が良くないと、赤ちゃんの発育に影響します。
お腹の中で赤ちゃんが成長しないと、予定日になっても産めません。
そうなったら困るので、発育がスムーズに進むよう胎教を意識しましょう。
胎教と聞くと難しそうですが、話しかけるだけで良いので実は簡単です。

親の精神状態が安定する

赤ちゃんにもメリットがありますが、話しかけると親の精神状態も良くなるというメリットがあります。
妊娠中は、ホルモンバランスが乱れます。
それが原因で、精神が不安定になる人が多いです。
しかし精神が安定していないままでは、赤ちゃんの状態も悪化するので悪循環に陥ります。
不安になったら、赤ちゃんに話しかけてください。

優しく話しかけていると、次第に落ち着いていきます。
お腹を撫でるのも良いですね。
赤ちゃんが生まれてきたら、どんなことをしたいかなどを話すと楽しい気分になると思います。
不安な時こそ、たくさん話しかけましょう。
お腹の中にいる時から話しかけていれば、親の声を認識してくれます。
生まれてすぐ、親の言葉に反応するでしょう。


この記事をシェアする