赤ちゃんとのコミュニケーション

両親が取り組まなければいけない

脳に刺激を与える方法

赤ちゃんの脳にたくさんの刺激を与えることで、それだけ柔らかくなって賢い子供になります。
成長を促すために欠かせないので、本の読み聞かせをしてあげてください。
難しい本では赤ちゃんが理解できないので、絵本が良いですね。
お腹の中の赤ちゃんでも、きちんと絵本の内容を聞いています。
ですから適当に読まないで、感情を込めてください。

実際に赤ちゃんが生まれたら、もっとたくさんの絵本を読むことになるでしょう。
その時の練習だと思ってください。
どのくらいスピードで読めば良いのか、考えながら読むと良いですね。
読むスピードが早すぎると、赤ちゃんが理解できません。
物語を聞かせることで、表現力を身に付けたり感受性が豊かになったりします。

父親に読んでもらおう

胎教をするのは、母親の役目だと思っている人が多いと思います。
しかし父親だって絵本の読み聞かせや、赤ちゃんに話しかけることはできます。
父親も、胎教に参加してください。
母親に任せっきりにしていると、赤ちゃんが生まれても何をすれば良いのかわからず、育児に参加できなくなります。
すると夫婦関係も悪化するので、育児に積極的に取り組んでください。

絵本を読む時間を、父親と赤ちゃんのコミュニケーションの時間にしましょう。
忙しい人は時間を確保できないかもしれませんが、少しで良いので胎教を実践しましょう。
何度も絵本の読み聞かせをしていると、父親としての自覚が芽生えます。
自覚を持って、生まれてくる赤ちゃんのお世話をしてください。


この記事をシェアする